便秘を解消してくびれを作ろう

くびれができない原因のひとつには便秘があります。便が溜まっているときは、腸にガスが溜まりやすいため下腹部がポコッとでてしまいます。それを改善しないとどうしても美しいくびれを作ることができません。くびれを作るためには、腸内環境をよくすることが不可欠です。腸内環境をよくするために、お通じが毎日来るような生活習慣を送ることが必要です。食事は、乳酸菌や食物繊維の多いものを摂取するようにします。くびれを作るために、食事の量を減らすひともいますが、食事量がある程度ないと便が排出されにくくなり、かえって逆効果になります。食事量が増えても、野菜などカロリーが低い食材で調理すれば、問題はないです。忙しいため、食事や運動で腸内環境を整えにくい人には、腸内マッサージが時間もかけずに効果が得やすいです。腸内マッサージは、あおむけになって、おへその周りを指圧で円を描くようにマッサージすることで、腸の働きを高める方法です。時間は、1日に数分程度で十分です。行うタイミングは、腸の働きが落ち着く食間が一番ベストです。妊娠中や生理痛がひどいときと、腸の活動が一番活発になる食後はしないほうがよいです。腸内マッサージは最低でも半月程度は続けた方がよいです。

Comments are closed.