Archive for the ‘未分類’ Category

食べてキレイに!お通じの良くなるレシピ集

便秘に悩んでいる人は、普段の食生活を改善することでダイエットすることができます。大事なのは食物繊維とカリウム。この2つを多く含むレシピを生活に取り入れてみてください。お通じがよくなります。
食物繊維が多い食品として有名なのはごぼうやさつま芋。ごぼうはささがきにして、ごま油で炒め、醤油と砂糖、みりんで味付けすれば簡単にきんぴらごぼうを作ることができます。ねぎやにんじんも一緒に千切りにして加えて食べることもでき、冷蔵庫掃除にももってこいです。さつま芋はお湯で煮てレモンと砂糖で味付けをすればレモン煮になりますし、市販の焼きいもを買ってきてヨーグルトに混ぜて朝に食べるだけでも気軽な1品です。
カリウムが豊富なのはキウイやいちご。果物には多くのカリウムが含まれています。これらは今話題のグリーンスムージーにしてしまいましょう。オレンジジュースやりんごジュースと一緒にほうれん草や小松菜、キウイ、いちごなどあるものを一緒に入れてミキサーでシェイクすればスムージーのできあがり。ジュースなので、ご飯を食べるよりも消化がよく、お通じがあまりよくない人も、グリーンスムージーを朝食にするだけで劇的に変わることもあります。

日常に取り入れやすいくびれ体操でウエストラインをキレイに

女性は自分のスタイルを気にする人が多いもの。
夏になると肌の露出が増える機会がふえ、海に行く時は水着をきます。
このときに気になるのが自分の体型です。綺麗なくびれがあった場合とそうでない場合はスタイルの差が歴然とし周りからみても痩せているか太っているかの判断材料になってしまいます。
女性は誰もが綺麗なくびれを手に入れたいと思っています。
ですが普段の食生活の中でお腹周りに脂肪がついてしまいくびれがなくなってしまう人もいます。
綺麗な腰周りを手にいれるためには体操をする必要があります。
普段忙しい毎日でも簡単に取り入れることができるものなら早く理想のウエストラインを手に入れることが可能です。
ウエストを細くする方法としてインナーマッスルを鍛える方法があります。
両手を腰にあて、インナーマッスルを意識しながらお腹に力を入れて腰を回します。
そうすることでお腹周りの腹筋が鍛えられお腹をへこませることが出来るだけではなく理想のウエストラインを手に入れることが可能です。
夏前から始めると海に行き水着を着るときに間に合うので春からこのストレッチをすることが理想とされています。
理想のウエストラインを手に入れたあとはどんな服装も似合う女性になります。女性04

すぐできる!腸マッサージのやりかた

なんとなく便秘気味だったり、太ってしまって困るという方は、腸の動きが悪化している可能性があります。
お腹をマッサージすることでこうした便通をよくしたりデトックスする働きがあるのです。
トリートメントのやり方は簡単ですのでセルフでいつでもケアすることができます。
まずお腹に手を当てて「の」の字を書くように右回りでさすります。
力を込めずにひたすら温める感じでさすり続けているうちに、どこかにしこりや異物感を感じることがあります。
これがたまった宿便なので、コリを見つけたら念入りにその部分をトリートメントしましょう。
コリを念入りにほぐしたら、つぎに手をお腹の上から下に向けてさすります。
これは老廃物の排出を促すための手技で、動き始めた消化器官をさらに温め、排出をサポートします。
終了後には必ず水をコップ一杯飲んで、デトックス効果を高めましょう。
また腸には重要なリンパが集まっているということもありますので、ツボ押しすることで、体質改善して燃焼しやすい体に変えることもできます。
おへその下から下腹部までを4本の指でしっかりと押します。
数回押して上げることでリンパが刺激されて、デトックス効果が高まるとともに燃焼しやすい体にすることができます。

便秘を解消してくびれを作ろう

くびれができない原因のひとつには便秘があります。便が溜まっているときは、腸にガスが溜まりやすいため下腹部がポコッとでてしまいます。それを改善しないとどうしても美しいくびれを作ることができません。くびれを作るためには、腸内環境をよくすることが不可欠です。腸内環境をよくするために、お通じが毎日来るような生活習慣を送ることが必要です。食事は、乳酸菌や食物繊維の多いものを摂取するようにします。くびれを作るために、食事の量を減らすひともいますが、食事量がある程度ないと便が排出されにくくなり、かえって逆効果になります。食事量が増えても、野菜などカロリーが低い食材で調理すれば、問題はないです。忙しいため、食事や運動で腸内環境を整えにくい人には、腸内マッサージが時間もかけずに効果が得やすいです。腸内マッサージは、あおむけになって、おへその周りを指圧で円を描くようにマッサージすることで、腸の働きを高める方法です。時間は、1日に数分程度で十分です。行うタイミングは、腸の働きが落ち着く食間が一番ベストです。妊娠中や生理痛がひどいときと、腸の活動が一番活発になる食後はしないほうがよいです。腸内マッサージは最低でも半月程度は続けた方がよいです。

年齢と共についてくる厄介な腰肉を落とそう!

女性03くびれた腰のラインを持っている人は、何歳になっても女性らしい色気を失いません。ウエストが華奢であると、身体全体が締まって見えるからです。この部分を細くすることでぱっと見た印象はずっとすっきりします。しかしながら無駄な贅肉が付くいてしまう部分もまた腰なのです。腰肉が付いてしまう原因の一つは、年齢が増えるのに対して筋肉の量が減ってしまうことにあります。それは年を取るにつれて、一日を座りっぱなしで過ごしてしまうなどの運動量の現象が挙げられます。反対に、身体にある程度の筋肉があると贅肉は付きにくく健康的なボディーを保てるのです。運動をするといっても、あまり大層なことをする必要はありません。一日に身体を動かす量を増やしてあげれば良いのです。きつい筋トレやランニングをしなくても、日々の生活の中で腰回りを動かすことは簡単にできます。椅子に座った状態で腰をひねったり、テレビを見ながら腰回りが伸びるようなストレッチをしたりするなどで良いのです。年齢が増えるとともに意識的な運動量も増やさねばなりません。毎日の意識的な動きによって腰周りの贅肉を落とせます。また、ウエストラインがすっきりすることで、見た目の年齢も若々しく見えることは間違いありません。

手軽にツボを刺激してくびれをゲット

くびれのあるウエストを手に入れたい場合、ツボ押しが最も効果的です。
押すべき箇所というのは2つあり、1つは腎女性02兪(じんゆ)といって、腰の背骨から指2本分離れたところに存在します。
ここを刺激すれば腎臓の機能が高まるので、ずん胴の原因となる無駄な脂肪や水分等の排出を促すという効果を得ることが可能です。
そしてもう1ヶ所は、腎兪から外側に向かったところにあり、これを志室 (ししつ)と言います。
この志室を押すことによって、腎兪と同等の効果を得ることができます。
押し方は至って簡単で、まず両足を肩幅の間隔まで開いたら、左右の手でウエストを挟みこむように支えます。
この時、先ほど説明した腎兪や志室に親指を強めの力で当てるようにするのが、上手に支えるポイントと言えるでしょう。
さらに、背筋を伸ばしたままゆっくりと右斜め前へ上半身を倒します。
この動作が済んだら、再度元の位置まで上半身を起こしましょう。
その後、左斜め前にも同じ要領で倒してください。
これらをワンセットとして、1日10回程度行なうようにすれば、理想的なくびれを手に入れることが可能になります。
そもそも、ウエストが太くなってしまうのは運動不足や姿勢の悪さ等に原因があります。
それを正すのが、このストレッチであるのは間違いありません。

体幹を鍛えて2度と太らない!話題のロングブレスダイエット

ウエストが太くなってしまう原因は、皮下脂肪(セルライト)の蓄積・女性ホルモンや便秘の影響・内臓下垂が主な原因となっています。その原因を全て解決して、メリハリのあるくびれを手に入れることができるエクササイズがあります。それは、効率的に体幹のインナーマッスルを鍛えることができるロングブレスダイエットです。ロングブレスは強く長い呼吸をすることにより、効果的に筋肉量を増やすため基礎代謝を上がります。そのため、内臓脂肪を減らすことでリバウンドしにくい美しい身体をつくることができます。しかも、ロングブレスエクササイズはとても簡単で自宅で気軽にできるというメリットがあります。その方法は、お尻の筋肉締めて鼻から3秒息を吸い、腹横筋を意識しながら7秒かけて長く息を吐くだけです。しかも、1日2分繰り返すだけなので、運動する時間がない方やスポーツ経験がない方でも無理せず継続することができます。そして、ロングブレスはダイエット効果だけでなく、アンチエイジング法として注目を浴びています。そのわけは、インナーマッスルを刺激することで代謝が上がり、血の巡りも良くなり新陳代謝が活発になるからです。その他に、腰痛や便秘の改善にも効果があり、多くの体験者が症状の改善やダイエットに成功しています。

自宅で簡単に出来るエクササイズ

女性01美容に健康にと、たのしく自宅でエクササイズができます。
そのやり方は何も難しく考える必要はなく、DVDをみてやったりテレビ放送の番組を見ながらもできます。
雑誌などにもやり方が掲載されていますので、そういうものを参考にしながらやるとよくわかり正しくできるのです。
その目的は、体重を減らしたいことや体の線を美しく保ちたいなどがあります。
どれも、美しい体を作りたいという願いでやることなのです。
それによる効果は、体を動かすので気分爽快になれることや体が引き締まり理想のプロポーションになれることです。
これをやっている人は非常に多く、何もダンススタジオに行かなくても自宅で気軽にできるのです。
そのために市販で、DVDなどが売られているのです。
自宅でできるという点は、人目を気にせずにやれるし時間に束縛されなくてよいなどのメリットがあります。
ダンススタジオへ行けば、月謝をとられることになりますがそれですとお金もかかることなくできるのです。
理想のプロポーションを目指して始める人が多いのですが、それには毎日継続してやることが大切になります。
短時間でも続けてやっていけば、数か月後には理想のプロポーションに近づけているものです。

ウエストが太くなってしまう原因を知ろう

モデルやタレントのように細くて魅力的なウエストに憧れるという人は多いでしょう。
ですが、お腹周りというのは、少し気を抜いただけで太くなってしまうという事が珍しくない部位です。
細くしたいと考えた場合、太くなってしまう原因を知っておく事が大切です。
その一つが、お腹周りに皮下脂肪が溜まってしまう事です。
普段から腹筋をする、姿勢の良い生活を心がける事をするようにしている人は、お腹まわりに筋肉がついており、そこに脂肪が溜まっても、筋肉により脂肪燃焼され、太りにくい状態を維持する事ができます。
ですが、普段からお腹周りの筋肉を鍛えておらず、足を組む癖があったり、長時間座りっぱなしの事が多い人の場合、ほかの人よりも、脂肪を溜めやすい状態になってしまいます。
解消には、腹筋を鍛えるのが有効となります。
便秘によって、太くなる人もいます。
便秘かもしれないと感じたら、早めに乳酸菌や食物繊維の摂取を心がけ、症状を改善させる事が大切です。
そして、胃下垂など、内臓が下がってきている場合も、太くなってしまいます。
この場合、腹筋のインナーマッスルを鍛える事で、この状態を改善していく事が可能になります。
痩せたいと考えた場合、原因を考え、対策をしていく事が有効です。