手軽にツボを刺激してくびれをゲット

くびれのあるウエストを手に入れたい場合、ツボ押しが最も効果的です。
押すべき箇所というのは2つあり、1つは腎女性02兪(じんゆ)といって、腰の背骨から指2本分離れたところに存在します。
ここを刺激すれば腎臓の機能が高まるので、ずん胴の原因となる無駄な脂肪や水分等の排出を促すという効果を得ることが可能です。
そしてもう1ヶ所は、腎兪から外側に向かったところにあり、これを志室 (ししつ)と言います。
この志室を押すことによって、腎兪と同等の効果を得ることができます。
押し方は至って簡単で、まず両足を肩幅の間隔まで開いたら、左右の手でウエストを挟みこむように支えます。
この時、先ほど説明した腎兪や志室に親指を強めの力で当てるようにするのが、上手に支えるポイントと言えるでしょう。
さらに、背筋を伸ばしたままゆっくりと右斜め前へ上半身を倒します。
この動作が済んだら、再度元の位置まで上半身を起こしましょう。
その後、左斜め前にも同じ要領で倒してください。
これらをワンセットとして、1日10回程度行なうようにすれば、理想的なくびれを手に入れることが可能になります。
そもそも、ウエストが太くなってしまうのは運動不足や姿勢の悪さ等に原因があります。
それを正すのが、このストレッチであるのは間違いありません。

Comments are closed.